ANIME JAPAN HACK

I am writing an article on Japanese animation

今観てもかっこいいアニメ、ルパン三世の魅力 ルパン三世

ルパンは燃えているか…?!

 

The charm of cool animation, Lupine the 3rd even if you see it now

Although it is a cool animated cartoon character, Lupine The 3rd Generation Speaking of Lupine the 3rd, it is a cartoon of the original monkey · punch, but since the latter half of the 1960s it was animated, now cartoon and animation are very popular.

 

 

Manga is attractive with stylish and dynamic feeling of the styles

Manga is attractive with stylish and dynamic feeling of the touch of the painting and the tempo of the story, but many animated items can be enjoyed while being converted for children, leaving the adult elements of cartoons intensified recently Even the TV series is also broadcasted, and it adds minor changes according to times and boasts high popularity even now.

 


『ルパン三世 ルパンVS複製人間<4K ULTRA HD>』2019.03.20 RELEASE /"LUPIN THE 3RD THE SECRET OF MAMO" 4K ULTRA HD

"Lupine VS duplicated human".

 I will introduce the charm of such Lupine the 3rd from the movie "Lupine VS duplicated human". Speaking of Lupine the 3rd generation, in the 1970s red jacket second series era, there were more bright stories in children's pop. However, in the movie "Lupine III Lupine VS duplicated human being" released at that time, it turned into a dark and suspicious animation. That too, because the staff was a member from the first series of green jackets.

 

 

Red jacket of charm of Lupine the 3rd


The first series originally made a decadent story with a little yakuza, in line with the original manga, in an effort to make animation for adults.


As a result of the fusion of such first series and pop second series, it is hard boiled but finished in nonsense animation with laughter, and finished in a cool and cynical effect as a result. Speaking of the scenes that the director's sense glows, in particular, is not it a scene where Lupine runs through the scene with Duri's painter of that surrealism and Dervaux's picture as backgrounds?

 

 In a cut scene, I collage a naked body photograph of live action, and this is also cool so I want you to watch it on DVD etc.


 We have introduced the attraction of Lupine the 3rd above. Since animation and manga are cool so much, I want many people to know especially with old works.

 

 

今見ても面白いルパン三世の魅力

今観てもかっこいいアニメ、ルパン三世の魅力 ルパン三世といえば、モンキー・パンチ原作の漫画ですが、1960年代後半からアニメ化され、今や漫画もアニメも大人気となっています。

 

ストーリーのテンポの良さが魅力

漫画の方はスタイリッシュで躍動感ある絵のタッチとストーリーのテンポの良さが魅力ですが、アニメは子供向けに変換されつつも大人も楽しめるものが多く、最近では漫画のアダルトな要素を強めに残したテレビシリーズも放送されるなど、時代によってマイナーチェンジを加え現在も高い人気を誇ります。

 

ルパン三世 ルパンVS複製人間

そんなルパン三世の魅力を、映画「ルパンVS複製人間」からご紹介します。

ルパン三世といえば、1970年代の赤いジャケットのセカンドシリーズ時代は、子供向けのポップで明るい話が多くなりました。
ところが、その頃公開された映画「ルパン三世 ルパンVS複製人間」では、一転してダークで怪しいアニメになっています。

 

 

ハートボイルドなルパンの魅力

それもそのはず、スタッフが緑ジャケットのファーストシリーズからのメンバーだったためです。 ファーストシリーズは当初大人向けのアニメを作ろうと、原作の漫画に沿った、ちょっとヤクザで退廃的なストーリーを作っていたのです。

 

 

そんなファーストシリーズとポップなセカンドシリーズが融合した結果、ハードボイルドだけど笑いもあるナンセンスアニメに仕上がり、結果的にクールで皮肉の効いた作品に仕上がっています。

 

特に、監督のセンスが光るシーンといえば、あのシュルレアリズムの画家ダリの絵や、デルヴォーの絵を背景として登場させ、そこを逃げまわるルパンが走り抜けるシーンではないでしょうか。

 

カットされたシーンでは実写の裸体写真をコラージュしていて、これもまたかっこいいのでぜひDVDなどで観てほしいです。 以上、ルパン三世の魅力についてご紹介しました。 アニメも漫画もとにかくかっこいいので、特に古い作品と合わせて、多くの人に知ってもらいたいですね。